ホーム > 福岡伸一、西田哲学を読む

福岡伸一、西田哲学を読む

生命をめぐる思索の旅 動的平衡と絶対矛盾的自己同一

内容説明

西田哲学と福岡生命科学は驚くほど似ている!
生命の定義と知の統合に向かう京都学派の記念碑的成果!

「動的平衡」概念の提唱者・福岡伸一氏(分子生物学者)が、西田哲学の継承者・池田善昭氏(哲学者)を指南役に、専門家でも難解とされる西田哲学を鮮やかに読み解く。その過程で2人の碩学は生命の真実をがっちり掴む1つの到達点=生命の定義=にたどり着く……。
西田哲学を共通項に、生命を「内からみること」を通して、時間論、西洋近代科学・西洋哲学の限界の超克、「知の統合」問題にも挑んだスリリングな異分野間の真剣"白熱"対話。

福岡伸一訳西田幾多郎「生命」、池田―福岡往復メール、書き下ろし(プロローグ、「動的平衡」理論編、エピローグ)も収録!

▼こちらの書籍は紹介動画がご覧いただけます。

このページのトップへ

関連書籍

おすすめ読書!本の動画レビュー

おすすめ読書!本の動画レビュー

2017/06/25 読売新聞広告企画

 
 

このページのトップへ